読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光がんざき亭

光で落語のお楽しみを! 生の落語に触れる機会が少ないなら、その機会をつくっちゃお! だって、落語が好きだから。 ふだんのまちの中に、落語というお楽しみを作り、育てていきたい。 どうぞ光がんざき亭へお運びくださいませ

光がんざき亭其の三『柳家喬之助独演会』お礼

光がんざき亭・其の三

光がんざき亭其の三、『柳家喬之助独演会』にお運びいただき、ありがとうございました。


偶然に偶然が重なり、其のは、
柳家さん喬師匠の番目のお弟子さん、柳家喬之助師匠をお迎えして、
平成2年7月2日に開催することができました。

開演に先立って、ごあいさつの中でもご紹介いたしましたが、
そもそもの始まりが、さん喬師匠からいただいたお力添えのお申し出の速達。
よくよく見ると、「平成2日」にご投函いただいていたのでした。

ここまで「」が重なるなんて!?
これを落語からのご縁といわずして、なんと申しましょう。


こんなご縁をいただいて、光がんざき亭其の三をお楽しみいただけたのも、
みなさんのおかげです。

厚く御礼申し上げます。



演目

夏泥
青菜
(お仲入り)
子別れ


夏の噺でお楽しみいただいた後は、じっくりしんみりほろりの人情噺を、たっぷりお聴かせていただきました。
約2時間、とはいえそんなに時間を感じなかったのでは。
偶然でしょうかなんでしょうか、演目も題でした。

さん」「」「」みごとに並んだり並んだり。


重ねて御礼申し上げますとともに、
これからますます「光がんざき亭」御贔屓にお願い申し上げます。