読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光がんざき亭

光で落語のお楽しみを! 生の落語に触れる機会が少ないなら、その機会をつくっちゃお! だって、落語が好きだから。 ふだんのまちの中に、落語というお楽しみを作り、育てていきたい。 どうぞ光がんざき亭へお運びくださいませ

光がんざき亭其の五 笑福亭たま独演会 お礼

6月3日日曜日、大安吉日に開催いたしました 光がんざき亭其の五 笑福亭たま独演会へ
お運びいただき、ありがとうございます。
ポスター掲示やチラシ設置などご協力いただいた方々、ありがとうございます。
おかげさまで、盛会でした〜!


今回は初めて上方から噺家さんをお招きいたしました。
しかも、イケメンで、インテリで、とんがってる笑福亭たまさん!

演目、ご紹介いたします。


  動物園

  時うどん

   (お仲入り)

  火焔太鼓

  憧れの人間国宝



4席たっぷり笑い満載、たまワールドを展開していただきました。
前半はたまさん曰く、「ファーストコンタクト」編
たまさんを聴くのも、上方落語を聴くのも、初めて!という方にも楽しんでもらえるネタだそうです。
(天満天神繁昌亭に出た時はこの2席のいずれかをかけることが多いそうです)


後半は、「セカンドコンタクト」編
切り刻まれた(!?)『火焔太鼓』に、禁断の新(!?)の『憧れの人間国宝』!
ふつうは、前半後半それぞれ別の落語会になるほどの内容の濃さ。今回はそれを一度に堪能させていただきました。


『時うどん』は東京では『時そば』と言われいますが、似てるようで、まったく違う話ということをまくらで解説。
時の数え方も、扇子を時計の針に見立てて、わかりやすく。やっと理解できた気がします。さすがはインテリのたまさん!
しかし、いざ本題に入ると、
その丼にはどんだけうどんとおつゆが入ってるんですか!?ありえへん!とつっこみたくなるほど、ずるずるずるずるずる・・・・
「ひっぱりないや!」着物の乱れも気にせず(!?)、袖をひっぱるひっぱる〜〜〜


今回は見台をのせるためにも、広く作った高座を存分に使ってのオーバーアクション。
端正な容姿とうらはらな暴れぶりのギャップ、「参りました〜」
「聴かせる」よりも「見せる」落語に、涙ちょちょ切れるほど笑いました。


見台も、こうなってるんですね〜というのを、見せていただきました。
今回特にお願いして持ってきていただきました。
その甲斐あって(?)、当分シンクロ・・・・という文字を見るたびに、あのお姿が目に浮かぶのでは!?


不手際も多々ありまして、ご迷惑をおかけいたしました。反省点として次回に活かしていきます。


アンケートご協力もありがとうございました。
見ていると、少しずつ「生の落語を見るのは初めて」という方の割合が減ってきているようです。
光がんざき亭のご常連様も増えているということでしょうか。うれしいかぎりです。


さて、落語会の最後にご案内いたしましたように、次回、光がんざき亭其の六、決定しています。
次回は・・・・
9月30日(日曜日)、いつものBe st.催事場で開催

お招きいたしますのは、次回も上方の落語家さんです。
NHK『ちりとてちん』出演で一躍お茶の間の人気者になられた桂吉弥さんです。


そう、あの!桂吉弥さんが光がんざき亭へ!

開催日時 平成24年9月30日(日曜日)14時開演(13時30分開場)
場所 Be st.催事場(いつもの場所です)
木戸銭 4000円(すみません、いつもと違います)


それもこれも、お運びいただいたみなさまのおかげです。多くの方に吉弥さんをお聴きいただきたいと思います。


しかし、光がんざき亭はどう頑張っても「80席」が目いっぱい。少々窮屈なのはお許しいただきたいほどめいっぱい。
そこで御愛顧いただいているみなさまに、先行予約の御案内いたします。
先着順で受け付けます。予告案内に添えておりますはがきにご記入いただいて、ご投函ください。本チラシ等準備でき次第、ご予約登録完了のお知らせをお送りいたします。

なお受付は先着順とし、予定枚数に達しました場合は、キャンセル待ちのご登録となります。
取りまとめ等の関係上、7月末までにご投函ください。チケットの発売は、先行予約のぐあいによります。
予めご了承ください。

次回もお運びいただきますよう、お待ちいたしております。