読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光がんざき亭

光で落語のお楽しみを! 生の落語に触れる機会が少ないなら、その機会をつくっちゃお! だって、落語が好きだから。 ふだんのまちの中に、落語というお楽しみを作り、育てていきたい。 どうぞ光がんざき亭へお運びくださいませ

7月19日土曜日は、光がんざき亭!

f:id:hikariganzakitei:20130606192837j:plain

光がんざき亭其の十 立川生志独演会
平成26年7月19日(土) 15時開演(14時30分開場)
Be st.催事場(光市島田1丁目アルク光店隣)

木戸銭 3500円(当日3800円)
チケットはコーヒーボーイ光店(Be st.)、虹の文具館(光駅前)にお預けしています。

メールでのお問い合わせもお待ちしております。
hikariganzakitei@yahoo.co.jp

 

光がんざき亭は限定80席。

こじんまりした会場で、じっくりと生志落語をお楽しみいただけます。

この機会をお見逃しなく!

 

いや、ほんとに!

だって、これだけ世の中いろんなこと起きてるんですよ!?

ネタになりそうなニュースが次々と。

 

生志さんの落語の魅力の一つに、まくらの妙があります。

まくらとは、本編に入る前のおしゃべりの部分。

落語を演じる場合、まくらのおしゃべりでお客様をほぐしながら、本題の噺に入っていきます。

 

まくらでは噺家さんがそれぞれに工夫しながら、その時々の世相、ニュースを話題にしたり、

本題のちょっとした予備知識を入れてくれたり。

笑いながらも自然と、噺家さんに注目し、聴く耳たててしまうものです。

 

生志さんの場合は、かなり?とっても?風刺のきいた、毒舌きかせてもらえます。

これが、面白いんです!毒ききすぎ?って思ったりしても、世の中こんな風に見えてみるのも、小気味いいかもって思えるんです。

さて、このごろ、ネタになりそうな話題が次々と・・・・もちろん、本題の落語も楽しみですが、

まくらも聞き逃せません!

 

それが、落語の楽しみ、ライブの楽しみ

お足を運んだからこそ、味わえる一期一会の楽しみ、落語の妙です。

どうぞ、光がんざき亭其の十 立川生志独演会へお運びくださいませ。