読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光がんざき亭

光で落語のお楽しみを! 生の落語に触れる機会が少ないなら、その機会をつくっちゃお! だって、落語が好きだから。 ふだんのまちの中に、落語というお楽しみを作り、育てていきたい。 どうぞ光がんざき亭へお運びくださいませ

光がんざき亭其の15は 初のネタ出し!

f:id:hikariganzakitei:20151223165012j:plain

 

 

光がんざき亭其の15 笑福亭喬若落語会

今回は初めてネタ出ししています。

 

演目は『七度狐』、他お楽しみです。

ネタ出しとは演目を事前告知することで、光がんざき亭では初めての試みです。

 

いつもは出演の落語家さんにすべてお任せしています。

落語家さんはその時の反応をみながら、演目を選びます。

寄席ではほとんどの場合、ネタ出ししていません。だから、なにが聴けるかわくわくします。

一方、ホール落語と呼ばれる落語会では、ネタ出ししている場合が多いです。

だれがなにを演じるか、あらかじめ告知してあるので、お目当てを選んで聴きに行くことができます。ホール落語はじっくり落語を聴くことを主な目的にしているため、ネタ出ししているのだと思います。

 

また、上方の落語会では、多くの場合、ネタ出しで行われています。それはなぜなのか?

今度喬若さんに教えてもらおうと思います。

 

ともかく、今回はその上方の落語会に倣って、

ネタ出しをしてみました。

 

『七度狐』ひちどきつねと読みます。

この噺には狐が出てきます。

落語の魅力の一つは、狐や狸が当たり前に登場して、 活躍するところだと思います。

人間同士がわーわー言ってるところへ突如狐が現れても、違和感が、、、

ないんですよ、ちっとも。

だから楽しい!

 

今回、喬若さんにお願いしました『七度狐』はその名の通り狐が登場して騒動を巻き起こします。

上方落語ではおなじみの登場人物、喜六と清八がお伊勢詣りの帰り道、ふとしたことで狐の恨みをかってしまい、、、、

続きは

4月10日日曜日の光がんざき亭で!