光がんざき亭

光で演芸のお楽しみを! 生の落語や浪曲、講談、演芸に触れる機会が少ないなら、その機会をつくっちゃお! だって、演芸が好きだから。 ふだんのまちの中に、演芸というお楽しみをみなさまと一緒に作り育ていきたい。 どうぞ光がんざき亭へお運びくださいませ

新型コロナウイルス感染防止にご協力をお願いいたします

11月22日日曜日光市民ホール大会議室


会場の様子、光市民ホールのHPに写真があります

http://www.hikari-bunka.or.jp/hall/guide/about/big_meeting_room.html



光がんざき亭其の32 入船亭扇辰独演会開催にあたって、お客様にもご協力お願いいたしたく存じます。

(以下、チラシ裏面にもご案内している内容です)


光がんざき亭は、会場の光市民ホールのガイドラインをもとに、新型コロナウイルス感染症対策を講じて開催いたします。お客様にもご協力をお願いいたします。

 

○事前予約制でお客様のご連絡先を把握させていただきます。当日ご来場のお客様も連絡先の提出をお願いいたします。また、スマートフォンをご使用の方は接触確認アプリ(COCOAの通知サービスをあらかじめインストールしてご利用ください。なお、感染の疑い等問題が発生した場合は保健所に情報提供することをあらかじめご了承ください。


○入場前に検温を行います。発熱のある方(平熱より1度以上高い)や体調のすぐれない方(咳、倦怠感、味覚や臭覚に異常がある等)についてはご入場をお断りする場合があります。


○丁寧な手洗い、手指消毒をこまめに行ってください。


13時から受付を開始し、同時に開場いたします。入退場の密集回避(時差入退場等)、待合スペースでの密集回避のため、係員の誘導にご協力をお願いいたします。


○必ずマスクを着用してください。開演中もマスクの着用をお願いいたします。


○大声を出しての会話はご遠慮ください。(隣席の方との日常会話程度は可能です。)

公演中は掛け声の代わりに拍手などで思いを伝えてください。


○密閉防止のため、休憩の時に窓やドア扉を開けて換気をいたします。


○飲食用に感染防止策を行ったエリア以外では飲食できません。(会場内での水分補給は認めます)


f:id:hikariganzakitei:20201028124032j:plain



光がんざき亭22日の翌日は

22日日曜日の光がんざき亭其の32 入船亭扇辰独演会の

翌日23日祝日・月曜日は

周南市鹿野の漢陽寺にて『おてらでらくご』


f:id:hikariganzakitei:20201007225057j:plain


おてらでらくごでおなじみの如宝寺さんに

ご紹介いただき、

お庭が素敵なお寺、漢陽寺さんにて、

第1回『おてらでらくご』が開催されます。


漢陽寺さんのHP

http://kanyouji.or.jp/



13時30分からご住職のお話

14時から落語会


直接、お寺へお越しください。

(直接お寺へお越しください。

変更があればお知らせします。)



会場はいつもは非公開の大書院です。

普段は非公開のお庭も見学できます。

紅葉も良い季節です。


先日、打ち合わせにお伺いしました。

駐車場から山門に向かって歩くその右手側のお庭は、背景の山々が借景になっていて、趣き深さが素晴らしかったです。

様々な時代のお庭様式が見どころの一つです。

境内を流れる水は裏山から、、、


素晴らしいお庭と扇辰師匠の落語

深まりいく秋のひとときをお楽しみください。


鹿野町は瀬戸内側と比べて、ぐぐっと冷えます。

寒さ対策もお忘れなく。



光がんざき亭其の32 入船亭扇辰独演会 ご案内

いつもごひいきにありがとうございます。

光がんざき亭其の32開催のご案内、申し上げます。

 
光がんざき亭其の32
入船亭扇辰独演会
「落語と俳句と師匠とよもやま噺」

 f:id:hikariganzakitei:20201031124722j:plain


f:id:hikariganzakitei:20201028124031j:plain


日時 2020年11月22日(日) 14時開演(13時開場)
場所 光市民ホール大会議室
木戸銭 一般4000円・学生(大学生以下)1000円
全席自由
事前予約制
新型コロナウイルス感染防止にご協力をお願いいたします。

主催 光がんざき亭
後援 光市教育委員会・公益財団法人光市文化振興財団・瀬戸内タイムス・(株)新周南新聞社
協賛 Be st. ・ coffeeboy 光店

 

予約申込方法
枚数・お名前・ご住所・当日連絡の取れる携帯電話番号等をお知らせください。
hikariganzakitei@gmail.com

 

2020年初の開催です。

2020年は光がんざき亭にとって、10周年を迎える記念の年。

特別な企画をいろいろ考えて、1年前から準備を進めていました。
まさかこんなことになるとは思いもよりませんでした。


記念企画第1弾、3月の其の29はコロナウイルスの得体しれない状況に延期しました。

記念企画第2弾、5月の(記念すべき!)其の30も、非常事態宣言明け直後のため、延期。


9月光市民ホールで開催する予定だった其の31は、会場の定員を通常の半分にしなければならない状況のため、残念ながら中止いたしました。


中止とはいえ、計画準備を進めていましたので、カウントしないのはあまりにも忍びない。そこで幻の「其の31」をカウントして、今回は其の32です。

 

f:id:hikariganzakitei:20201022222239j:plain

(撮影 橘蓮二)


みたび入船亭扇辰師匠のご登場です。
扇辰師匠しかおやりにならない演目が多くあります。
ぜひそれをお聴きしたい!ということで、今年もお招きいたしました。


また、今回は特別に「落語と俳句と師匠 扇辰よもやま噺」と題してお話をしていただきます。扇辰師匠のお師匠さんは入船亭扇橋師匠。俳句の宗匠でもあった扇橋師匠との思い出、俳句のことなどいろいろ、いつもの高座では聞けない話が聴けると思います。


しみじみと滋味あふれる師匠の魅力を存分にお楽しみください。


いつもの会とは違う点などを

○会場は光市民ホール大会議室
今回の会場はいつもの、Be st.催事場ではありませんので、ご注意ください。

少しでも広く、換気もできる光市民ホール大会議室をお借りしました。

その関係で、開催日が当初予定していた23日から、22日日曜日に変更になりました。

会場は2階にあります。らせん階段をお使いください。

(初めての方は入り口がわかりづらいかもしれませんので、のぼりや案内表示など立てておきます)



○事前予約制

今回は前売りのチケットはありません。コロナウイルス感染拡大対策のため、事前にお客様を把握させていただきます。

ご予約はメールでも、Twitterのダイレクトメールでも、メッセンジャーでも、ケータイのショートメールでも受付ます。


○開場は13時

混雑解消のため、受付開始と同時に開場します。

ご予約いただいたお客様には「ご予約承りはがき」をお送りします。当日はそれをお持ちください。

時間に余裕をもってお越しください。


新型コロナウイルス感染症対策にご協力をお願いします

会場の光市民ホールのガイドラインをもとに対策をしながら、開催いたします。お客様にもご協力をお願いいたします。

詳しくはこちら

https://hikariganzakitei.hatenablog.com/entry/2020/11/02/124833

もしくはチラシの裏をご覧ください。


○寒さ対策もお願いします

お仲入り、休憩時間には換気のために窓やドアを開けます。少し寒く感じられるかもしれません。羽織り物やひざ掛けなどお持ちください。


他にご不明なこと、お気づきなどございましたら、お気軽にご連絡ください。






 

光がんざき亭11月のお知らせ

早耳情報でお知らせしておりました

11月の光がんざき亭入船亭扇辰独演会は

開催準備を進めています。


会場の都合により開催日を22日(日曜日)に変更します。

23日(月曜日・祝日)は周南市鹿野町にて「おてらでらくご」を計画しています。


詳しくは改めてお知らせいたします。

連休のご予定に加えていただければ、しあわせます。

其の31、中止のお知らせ(再度)

其の31は本日6日の予定でしたが、中止いたしております。


https://hikariganzakitei.hatenablog.com/entry/2020/06/06/200651


計画いたしました折、お手配いただいた師匠、ご了承いただいた皆様、ありがとうございます。

また楽しみにしておられたお客様、ありがとうございます。


いつの日にか開催したいと考えております。またご一緒しましょう

光がんざき亭其の31 中止のお知らせ

早耳情報でお知らせしておりました
光がんざき亭其の31 
10年目企画第3弾 光市民ホール落語会は、
新型コロナウイルス感染拡大予防のため
中止いたします。

とあるテレビ番組人気の四人衆を、
私達の光市民ホールにお招きするという
企画した主催者もびっくりする顔付けでしたが、
今の状況では致し方なし

安心してキャパ300人のホールに集うことが
難しいならば中止という判断に至りました。

今回計画していた小ホールはキャパ約300
隣の大ホールはキャパ約800。
大ホールでソーシャルディシタンシングとって開催することも検討しました。
しかしディスタンシングの幅が2メートルなら、かなり客席がばらけてしまう。
寄席は密だからこそ相乗効果で面白味が倍増されるもの。
客席に隙間ができてしまうことがつらいなぁ。

また昼夜2回で1回分のお客様数をお呼びできるか?そんなことも検討しました。

「できる時にできることを」というのも私達の主義です。
そんなこんなで今回の決断に至りました。

楽しみにお待ちいただいていた皆様、
そして噺家さんには申し訳ございません。

集う場としても光がんざき亭=私達の落語会、
それが私達の開催目的。

今はまだその時にあらず。
いつの日かお会いできますこと切に願ってます。


おてらでらくご開催

いつもご贔屓いただき、ありがとうございます

毎年6月に開催致しております
おてらでらくご、
主催者のお寺さんで開催の準備をいたしております。

こんな時ですから、
新型コロナウイルス感染拡大予防の対策をとりつつの開催となります。

お寺なので、換気はできます、
お席の間隔も開けられます。
加えて、お客様にも
マスク着用や咳エチケットなどご協力いただきます。

今後の状況によっては中止や延期もありうることはご了承ください。

f:id:hikariganzakitei:20200520183141j:plain