光がんざき亭

光で演芸のお楽しみを! 生の落語や浪曲、講談、演芸に触れる機会が少ないなら、その機会をつくっちゃお! だって、演芸が好きだから。 ふだんのまちの中に、演芸というお楽しみをみなさまと一緒に作り育ていきたい。 どうぞ光がんざき亭へお運びくださいませ

二人会予定枚数終了

ありがとうございます。光がんざき亭の割り当て分は終わりました。


光市民ホール分も完売いたしました。


光がんざき亭に10時までメールいただいた分は予定枚数に入っております。

それ以降はキャンセル待ちとなります。


取り急ぎお知らせします。

ご了承ください。

チケット発売について

f:id:hikariganzakitei:20190521184321p:plain

 

 

チケット発売は6月8日土曜日からです。

良いお席はお早めに。

ですが、行けることが確実な枚数のご購入をお願いいたします。

 

プレイガイドについては、チラシをご参照ください。

 

 

光市民ホールでは8時半から受け付けますとのこと。

座席表を見ながら、お席を選んでお買い求めいただけます。

 

 

 

遠方などで市民ホールへ行けない場合は、

「電話で予約して、郵便局から電信払い込みで入金後、書留でチケット郵送」してもらえます。

以下ホールのHPをご参照ください。

 

http://www.hikari-bunka.or.jp/hall/ticket/

 

 

光がんざき亭にメールで予約も承ります。メールでのお申込みも6月8日土曜日から受け付けます。

 

前、後ろ、上手、下手といったざっくりしたご希望がありましたら、お知らせください。こちらで選んで、お知らせします。希望がない場合もお知らせいただけるとしあわせます。

 

お名前(フルネーム)、枚数、席のご希望、ご住所、当日連絡の取れる携帯電話番号等をお知らせください。

 

hikariganzakitei@gmail.com

 

こちらからご返信いたしまして、予約完了です。当日、清算お願いします。

 

今年は、昨年の反省を踏まえて、指定席です。

多くの方々にお運びいただきたいと思っています。

もし、購入後に行けなくなったなど変更が生じた場合は、主催者である私達、光がんざき亭にお申し出ください。

対応させていただきたいと思いますので、必ず、光がんざき亭にご連絡をお願いいたします。

 

 

 

 

玉川奈々福・神田松之丞二人会ご案内 良いお席はお早めに

いつもごひいきにありがとうございます

 

光がんざき亭次回は其の26

9月8日日曜日、光市民ホール小ホールにて開催いたします。

 

二人の浪曲と講談に心うばわれる!!

光市民ホールで今年も開催!!

玉川奈々福・神田松之丞二人会

 

f:id:hikariganzakitei:20190521184320p:plain

 

 

f:id:hikariganzakitei:20190521184304p:plain

 

出演は

ほとばしる浪曲!!玉川奈々福

曲師はもちろん、国宝級のお三味線、沢村豊子師匠!

そして、講談界の風雲児!!神田松之丞

 

昨年は明治150年にちなむ演目を口演いただきました。

感動感激雨あられ興奮冷めやらず、再演をとの多くの熱い声にお応えしまして、今年もお三人に御来“光”していただきます。

今回はみっちり、たっっっっぷり口演していただくようにお願いしております。したがって、今回はネタだしではありません。演目は当日のお楽しみに。

 

昨年の公演からこっち、お二人はますますのご活躍です。

奈々福さんは銀座の目抜き通りにある観世流能楽堂にて2日間『奈々福、独演。~銀座でうなる、銀座がうなる~』公演が大成功( 2019年02月: ななふく日記 )

その芸と卓越したプロデュース力が認められて「伊丹十三賞」を受賞(伊丹十三記念館

6月には歌手デビュー!(6月の奈々福(歌手でデビューしちゃうわよんよん♪): ななふく日記

 

 

松之丞さんはご承知の方も多いかと思いますが、

2020年2月の真打昇進と大名跡「伯山」襲名が決定!(六代神田伯山襲名のご報告 - News - 神田松之丞 オフィシャルサイト - 講談師 / かんだ まつのじょう

マスコミの露出度もいや増し、ますますのご活躍です。

珍しく断言いたします!この公演は「光市で松之丞を観た」と言えるラストチャンスです。

いつになることか全くもって未定ですが、また次回があれば、きっと2020年2月以降のことになると思います。その時には、もう「六代神田伯山」ですから。「松之丞」ではありませんから。この機会を見逃すと、「光市で松之丞を観た」とは言えなくなります。ぜひ、お見逃しなく。

 

チケット発売は6月8日(土)から行います。

今回は、前回の反省を踏まえて、指定席にいたしました。

光市民ホールとの共催ですので、チケットは光市民ホールほか、光がんざき亭、プレガイドやチケットぴあ・ローソンチケットで取り扱っています。


小ホールは約300人のキャパシティで、概ねどの席からもお楽しみいただけると思います。


昨年ステージから客席を撮ってみました。

f:id:hikariganzakitei:20180902091853j:plain

後ろでもお客様の顔が見えるようです。


光がんざき亭も若干の手持ちがある予定ですが、良い席を選んで購入をご希望でしたら、光市民ホールで購入されるのが一番です。

直接光市民ホールへお越しいただけない場合は、

「ホールへ電話してチケットを予約→郵便局から電信払込みでご送金→入金確認の後、簡易書留でチケット郵送」という方法があります。

詳しいことは光市民ホールのホームページからチケット購入のページ

http://www.hikari-bunka.or.jp/hall/ticket/

をご参照いただくか、お電話でお問い合わせください。



 

少しづつチラシ配りを始めていますが、

昨年と比べて、お二人の写真を見ての反応が違います。前回の公演を見てくださった方は、「また来るのね!?」と喜びの声。そうでない方は、「この人テレビで見た!」とか、「雑誌で見た!」とか。

光市でもお二人の認知度が高くなってます。


そして、よくきかれるのが、「よくこのお二人を呼べたね、すごい」です。

ありがたいことにご縁をちょうだいいたしまして、ご来演いただきます。

すごいのはその各界のトップランナーのお二人です。


お二人もですが、特に推し!なのは、奈々福さんの相三味線を務められてる沢村豊子師匠です。

曲師は単なる伴奏者ではありません。

楽譜もなく、簡単な打ち合わせだけで、唸る浪曲師に三味線を合わせます。阿吽の呼吸は、とってもスリリングです。

小柄な豊子師匠が奏でる三味線の音、ときおり発する掛け声、じっと奈々福さんの左頬を見つめる視線、しゃんと伸びた背中、すべてが奈々福さんの芸を引っ張りつつ、後押ししつつ、際立たせるのです。

浪曲は二人で一つの芸です。


御歳82才。その至芸をお見逃しなきよう。

ぜひとも、お二人の丁々発止を体感してください。

 

良いお席はお早目にお求めください。

昨年、市内外はもちろん、遠く東京や石川県、福岡県、大分県愛媛県などからお越しくださいました。そして、公演日数日前には完売、札止めになりました。

今年も完売が予想されます。

チケット発売は6月8日土曜日から。

予約も同じく6月8日から受け付けます。


どうぞお誘い合わせて、お運びのほど、世話人一同お待ちいたしております。

 

 

光がんざき亭次回は

いつもごひいきにありがとうございます


お待たせいたしました

次回開催のご案内です。


f:id:hikariganzakitei:20190521184319p:plain



f:id:hikariganzakitei:20190521184303p:plain


なお、チケット発売は、6月8日土曜日からです。

チケットのご予約も6月8日土曜日から受け付けます。

お問い合わせは、

hikariganzakitei@gmail.com まで。



お誘い合わせの上、大勢様のお運びを

世話人一同、お待ちいたしております。




おてらでらくごは6月15日土曜日(^o^)/

光市室積の如宝寺さんで、毎年1回開催している「おてらでらくご」

今年は6月15日土曜日、

出演は、三遊亭天どん!遠峰あこ!

落語とアコーディオンでお楽しみいただきます!

 

聞けばきっと明るく朗らかになれるはず

そんなひととき、みなさまお誘い合わせておこしください


お宗旨が違うとかはお気になさらず。

だってお寺ですから、どなたさまも大歓迎(^o^)/


入場は無料です、が、お賽銭箱にお賽銭をお願いいたします。

できれば、音のしないのが、うれしいです!


お寺で開催なので、開演14時の30分前にご住職のお話があります。

恒例となりました。

たまには落語家さん以外の話を聞いてみるのも一興です。

開演時間は、13時30分からと覚えておいてくださいね


チケット制ではありませんので、

直接、お寺に起こしください。


f:id:hikariganzakitei:20190401130300p:plain


おふたりは「どんあこ」というユニットで、あちこち公演を行っておられます。

昨年7月には、山口市洞春寺さんほか、各地を回られました。

その際、どんあこを初めて拝見しました。


あこさんは、アコーディオンを抱えて、足には鈴つけて、民謡や自作の歌を披露。

「ひーとつ、ふたーつ、みーつけたー」で山口県民にはおなじみのCMソングや、山口線各駅を歌い込んだオペラも。


圧巻なのは、海外公演で聞いて覚えたという耳コピソング。たぶんこうなんじゃないかな〜という訳詞をつけて歌われるのですが、現地の通訳さんによると、だいたい合ってるとか!

どんな歌なのか??は聞いてのお楽しみ。

昨年からこっち、また海外公演をあちこちで行われたようなので、楽しみです!


一方、落語の天どん師匠。

実のところ、私、天どん師匠は新作落語の人というイメージで、それまで聞いたことがなかったのです。


ところが、実際お聞きしてみると、声が私の好きな俳優さんに似てる!?

賛否あるかもですが、似てるーと思ったら瞬間、天どん師匠の魅力にハマりました。


古典と新作の2席ご披露されたのですが、

楽しいんです、面白いんです、その絶妙な間が!


新作落語といえば、古典落語だって昔はだれが作った時点ではみな新作落語

初めてきくワクワク感がなんとも楽しい!


今回はどんな噺が聴けるのか??

楽しいすぎます。


なお、どんあこは各地で開催されます。

 

f:id:hikariganzakitei:20190510061004j:plain

 

 

 

平生町で開催!「子どもと楽しむ落語会」

平生町で、子どもと楽しむ落語会

6月2日日曜日に開催です(^o^)/


f:id:hikariganzakitei:20190511114914j:plain


f:id:hikariganzakitei:20190511114933j:plain



主催は平生町地域おこし協力隊の水田さん。

2月25日月曜日に歌奴・仙志郎二人会公演を引き受けてくださったのですが、その落語会が今回の企画のきっかけになったそうです。


そのことは、水田さんのFBで


https://www.facebook.com/events/1044727535718037/?ti=ia


子どもさんおことわりの落語会は、珍しくなかったりします。落語には大人向けの噺が多いので、子どもさんがいると、避ける噺もあります。



でも、今回の落語会は、子どもさん大歓迎(^o^)/

貴重な落語会です。


もちろん、大人も大歓迎(^o^)/

さらに言えば、初心者大歓迎(^o^)/



最近、子ども(もしくは大人の私)が落語に興味持ち始めたので、

一度は生の落語に触れさせてあげたい(聴いてみたい)!

けど!

ここら辺(山口県東部)のどこで落語会あるの???

おとなしく聴いてくれるかな???

落語会のマナーとかあるんじゃないの???


しかも!「初めて落語会に行く」となると、なにをどうしたらいいの???


チケットぴあとかで検索しても、ヒットしない〜チケットはどこで買えばいいの?



子どもと一緒の「初めての落語会」

大人だって「初めての落語会」ドキドキ

っていろいろ不安があると思います。


でも!でも!!ご安心ください

平生町で開催されるこの度の落語会は

「子どもと楽しむ落語会」ですから、

子どもさんが初めて落語を聴く、

しかも大人さんも初めて落語を聴くだろうことは、折り込み済みです(^o^)/


だから、聴いてくれるかなとか、マナーとかは気にせず、

足を運んでくださるだけで、大丈夫!

お気軽にお越しください



お問い合わせや

チケットの予約(当日会場の受付でお支払い)のお申し込みは、

主催者のみずたさんへ(^o^)/


この機会をお見逃しなく〜〜〜



追伸

 数々落語会に足を運んでる通な落語ファンも、「子どもと楽しむ落語会」は、初めてでは???

ハプニングもライブの妙、

そういうお楽しみもあるかもです!

だから、ある意味、通好みな落語会!?




光がんざき亭其の26は9月8日日曜日

いつもご贔屓にありがとうございます


光がんざき亭其の26は、9月8日日曜日

光市民ホールにて開催です。


詳細は決まり次第お知らせいたします。

スケジュールに入れておいてくださいね〜