読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光がんざき亭

光で落語のお楽しみを! 生の落語に触れる機会が少ないなら、その機会をつくっちゃお! だって、落語が好きだから。 ふだんのまちの中に、落語というお楽しみを作り、育てていきたい。 どうぞ光がんざき亭へお運びくださいませ

光がんざき亭其の16 鈴々舎馬るこ落語会 Kビジョンで放送\(^o^)/

7月31日に開催しました光がんざき亭其の16 真打昇進決定記念鈴々舎馬るこ落語会は、地元ケーブルテレビKビジョンで放送されます\(^o^)/

f:id:hikariganzakitei:20160818234426j:plain

視聴できるかたはお忘れなく〜


番組名;Kビジョンスペシャ

放送日;9月5日(月)〜11日(日)

時間;①月〜金14:30 ②毎日 深夜1:00 

祝島神舞特別番組に続いて放送されます!

合わせてご覧くださいませ〜


光がんざき亭其の16 鈴々舎馬るこ落語会 お礼

光がんざき亭其の16 真打昇進決定記念 鈴々舎馬るこ落語会にお運びいただきありがとうございます。

f:id:hikariganzakitei:20160731140327j:plain

恒例の撮影タイム


今回の演目は

小言幸兵衛

「おしえておしえて馬るこさん!きいてきいて馬るこさん!」

粗忽長屋


粗忽長屋は放送すると文句がでると冒頭で馬るこ自身が言ったように、

確かにこんな展開だったっけ?と思う演出。

前半の小言幸兵衛もしかり。

馬るこ曰く、地味な噺を派手に演出できた時はいける!と思うそうです。


また、今回もKビジョンの番組収録が行われました。

その企画コーナーが「おしえておしえて馬るこさん!きいてきいて馬るこさん!」

会場のお客さまやBe st.のみなさんに、馬るこへのメッセージや質問のほか、耳寄り情報などを書いていただきました。

「おもしろい番組になるかならないかは、みなさんの投書次第です」とお願いしたところ、たくさんお寄せいただきました。

期待以上におもしろく、みなさんの盛り上げたいお気持ちがあふれていました。


仲入り15分の間にざっと目を通して、馬るこ再び高座へ。

投書を読みながら、質問や耳寄り情報にコメント。

中には、ダイエット法として、腹筋背筋に効きそうなポーズがイラスト入りで紹介されていて、馬るこ実演。4分キープで効果ありなのですが、「1分も無理!」


f:id:hikariganzakitei:20160731120551j:plain

このお花を作ってくれた花屋の「保のか」さんからの投書

逃走した蟹が踏まれて踏まれて毛ガニになった話には大ウケ!大爆笑\(^o^)/


落語会がはねた後、その蟹を見に行った馬るこに、

「ふまれ」と名付けてもらった蟹は、一躍人気者になりました。


お寄せいただいた投書にはすべて馬るこが返信を書いてくれました。

一部は光がんざき亭たよりで、または次回馬るこ落語会の時に見ていただきたいと思います。

原本は馬るこに渡してますので、ご本人さまにはコピーを差し上げますね。


次回の馬るこ落語会は、真打昇進披露興行となります。

どこでどんな形になるかは未定ですが、

次回はぜひ両手にお友達連れて、お運びくださいませ〜


また落語で楽しみましょう\(^o^)/




予定枚数達しました(>_<)

すみません!予約及びチケット販売で予定枚数達しました(>_<)

当日券なしです。

ごめんなさい。キャパいっぱいいっぱいです。ご了承ください。

f:id:hikariganzakitei:20160727185740j:plain

Kビジョン

光がんざき亭其の16 鈴々舎馬るこ落語会 近くなってきました〜

光がんざき亭其の16 開催します(^o^)/

f:id:hikariganzakitei:20160619105323j:plain

光がんざき亭其の16 ご案内いたします。


今回は鈴々舎馬るこが出演です。馬るこなら12月聴いたしー、なんてことは言いっこなし!なんたって、来春の真打昇進決定を記念しての緊急開催ですから!


真打昇進決定記念 鈴々舎馬るこ落語会

日時 7月31日日曜日 14時開演 13時30分開場

場所 Be st.催事場

木戸銭 2000円 (当日2500円)


主催 光がんざき亭

後援 瀬戸内タイムス・新周南新聞社・光市教育委員会・光の文化を高める会

協賛 Be st.・COFFEEBOY光店


チケット取り扱い コーヒーボーイ光店・虹の文具館

問い合わせ hikariganzakitei@gmail.com


どうぞお運びくださいませ(^o^)/


光がんざき亭は馬るこの「どこでも行きますよ!」の一言がきっかけでした。旗揚げから其の4、其の9、其の14と4度お招きしました。

其の9(2014年4月29日)はNHK新人演芸大賞受賞記念でした。

昨年12月に開催した其の14は古今亭志んハさんと、光がんざき亭5周年記念落語会でした。


折り折りに馬るこの迎えて、みなさまと一緒に馬るこの落語を聴いて楽しんできました。

この度、来年春からの真打昇進が決定が発表されました。


真打とは広辞苑には「寄席の一座で最も技量の優れた出演者。また、それに相当する資格。一日の最後の演目を勤め、しめくくりをする責任を持つ」とあります。真打となってはじめて弟子を取れるようになり、「師匠」とも呼ばれるようになります。


噺家としては真打となってようやく一人前、いやいやまだまだ出発点に過ぎないといろいろ意見もあるところですが、噺家となったからには、真打昇進は大きな目標。これを達成できるということは、なんにしても、

おめでたい!


光がんざき亭でもお祝いしたい!

いやいや、なにより、馬るこからみなさまにご報告申し上げていただきたい!

だって馬るこの落語会にお足を運び、落語が聴き、応援していただいているんですもの。

ぜひ馬るこから〜と思っていましたら、めでたくその機会に恵まれました。

前日は地元防府市で落語会が決定したのを受けて、光がんざき亭でも組むことができました。


馬るこははじめてお目もじして以来、Bigになってきました。

主に横に!?ですが、取りたい!と言っていたNHK新人演芸大賞を受賞しました。

そして、来春には真打昇進します。お招きするごとにBigになっていく馬るこをお見逃しなく!



光がんざき亭其の16 緊急開催します(^o^)/