読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光がんざき亭

光で落語のお楽しみを! 生の落語に触れる機会が少ないなら、その機会をつくっちゃお! だって、落語が好きだから。 ふだんのまちの中に、落語というお楽しみを作り、育てていきたい。 どうぞ光がんざき亭へお運びくださいませ

光がんざき亭 其の二 ごあんない

落語ファンのみなさま、光がんざき亭ファンのみなさま、お待たせいたしました。

光がんざき亭 其の二、開催決定いたしました。

日時:2月11日(金)祝日 15時開演  場所:Be st.催事場

演者は・・・立川生志師匠です!
12月5日、博多座初の落語会「祝い目出度の年の瀬らくご 立川談志・立川生志親子会」を満員御礼で開催された
あの立川生志師匠です!


木戸銭、チケット販売予約等につきましては、年明けにお知らせいたします。

来年のカレンダーや手帳に、2月11日、予定を書き込んでおいていただけると、しあわせます。


光がんざき亭、第2回目にして、真打の師匠をお呼びするようなことになろうとは!?「夢が現実に」とはまさにこのことです。


ことはその博多座へ、世話人私めが出かけて行ったコトから始まります。
生志師匠の夢だったという博多座での落語会は満員御礼(受付で大入り袋いただきました!)
それはそれは晴れがましく、
たっぷりとお二人の落語を堪能できて、この上なく素晴らしい会でした。
会の様子は、生志師匠のブログにも詳しくアップされています。
http://shoshi-t.blog.so-net.ne.jp/2010-12-13


その場に立ち会えたことのうれしさとしあわせ、余韻醒めやらず、会場を出ましたらば、
ロビーでご挨拶なさってた生志師匠に遭遇!
ここは一言、二言申し上げたい!
山口県から来たファンだということと、光がんざき亭のこと
内心「当たって砕けろ!」で、名刺を差し出しつつ、ご挨拶。
ご常連様と一人ひとり言葉を交わしていらした師匠、突然の名刺にも笑顔でお応えくださいました。
そこから、このたびの「光がんざき亭其の二 立川生志独演会」へつながりました。


生志師匠も落語にあまり縁のない場所で、ぜひ落語を聞いていただきたい、楽しんでいただきたい
と、思っていらっしゃるそうです。
ご縁をいただけたことに、感謝感謝です。


ぜひ、皆様にも生志師匠の落語を、生で!間近で!堪能していただきたい!
世話人一同、誠心誠意、準備を進めております。


チケット等々につきましては、後日ご案内いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちらのアドレスへ
hikariganzakitei@yahoo.co.jp