光がんざき亭

光で演芸のお楽しみを! 生の落語や浪曲、講談、演芸に触れる機会が少ないなら、その機会をつくっちゃお! だって、演芸が好きだから。 ふだんのまちの中に、演芸というお楽しみをみなさまと一緒に作り育ていきたい。 どうぞ光がんざき亭へお運びくださいませ

光がんざき亭其の30延期のお知らせ

5月23日土曜日に予定しておりました

光がんざき亭其の30 10年目記念企画第2弾 

若手真打競演落語会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、延期いたします。


振替日で未定です。ご案内状差し上げた方には「光がんざき亭たより」をお送りいたしました。

ご笑納ください。


ちょっとだけ

そのたよりを公開します。


10年目で、30回目だったので、すごろく作ってみました。

急ごしらえなので、画像荒いです。

今までの根多も入れた完全版は、いずれ再開できた暁にお披露目したいと思います。


f:id:hikariganzakitei:20200421222952j:plain


f:id:hikariganzakitei:20200421223012j:plain


f:id:hikariganzakitei:20200421061602j:plain

光がんざき亭其の30 ご案内

いつもごひいきにありがとうございます。
光がんざき亭其の30のご案内を申し上げます。
たぶん、5月ぐらいには新型コロナウイルスの感染拡大も収束し、世の中も落ち着いているだろうと希望的観測の下、準備を始めます。

光がんざき亭10年目記念企画第2弾
其の30 若手真打競演落語会
5月23日(土)14時開演(13時30分開場)
いつもの、Be st. 催事場
出演は鈴々舎馬るこ柳家小八柳家勧之助の若手真打3人!
木戸銭 一般3500円(当日3800円)、大学生1000円(当日も同額)
ただし前売りで定員70人に達した場合は当日券はございません。

チケット販売 虹の文具館(光駅前)・コーヒーボーイ光店(ビースト)

主催 光がんざき亭
後援 山口放送・Kビジョン(株)・瀬戸内タイムス・(株)新周南新聞社・光市教育委員会・公益財団法人光市文化振興財団

f:id:hikariganzakitei:20200315212349j:plain


f:id:hikariganzakitei:20200315212355j:plain


3人はそれぞれ2003年に楽屋入りが認められ、同じ時期に前座修行をした者同士。また3人は、人間国宝五代目柳家小さんの孫弟子でもあります。
同じ柳家一門とはいえ、風貌も芸風も違います。それぞれの個性豊かな落語をたっぷりお楽しみください。ここだけの話!?トークコーナーもあります。

ところで、光がんざき亭旗揚げの立役者、馬るこ師匠が防府市出身というのはご存知かと思います。

実は、小八師匠が広島県福山市出身、そして勧之助師匠が愛媛県八幡浜市出身と、みんな瀬戸内海に面した市出身という偶然を後から知りました。
環瀬戸内出身落語家集結!ってチラシに入れたかった、、、

ところで、これを書いているのが3月25日です。
状況は日々変化しています。5月の23日ともなれば、新型コロナウィルスは収束しているか、少なくとも今よりは正しく詳細な予防策が分かっているのではないかと、期待しています。
私達も開催するにあたって、感染予防策を講じたいと思っています。



光がんざき亭根多帳

其の29

2020年3月15 日(予定)

新型コロナウィルス感染防止のため延期

立川生志独演会


其の28

2019年12月14日

入船亭扇辰独演会

紫檀楼古木

死ぬなら今

(お仲入り)

徂徠豆腐


其の27

2019年10月19日

鈴々舎馬るこ・桂竹千代二人会

都々逸親子 馬るこ

天孫降臨 竹千代

(お仲入り)

座談 馬るこ・竹千代

親子酒 竹千代

八幡様とシロ 馬るこ



其の26

2019年9月8日

玉川奈々福・神田松之丞二人会

鼓ヶ滝 松之丞

万両婿 松之丞

(お仲入り)

甚五郎旅日記 奈々福・沢村豊子(曲師)

豊子と奈々福の浪花節更紗 奈々福・豊子



其の25

2019年2月24日

三遊亭歌奴・鏡味仙志郎二人会

餅つき 歌奴・仙志郎

佐野山 歌奴

太神楽 仙志郎

(お仲入り)

山崎街道 歌奴・仙志郎

御神酒徳利 歌奴



其の24

2018年12月8日

かんたん日本古代史の落語会in光

桂竹千代・春風亭昇也

一時間目 落語の時間

寄合酒 昇也

古事記 竹千代

(お仲入り)

二時間目 古代史講座の時間

邪馬台国卑弥呼について」

 

其の23

2018年9月2日

玉川奈々福・神田松之丞 二人会

浪曲と講談で明治150年

青龍刀権次 松之丞

(お仲入り)

英国密航 奈々福

(光市民ホール小ホール)

 

其の22

2018年4月29日

立川生志

反対俥

(お仲入り)

百年目

 

 

其の21
2017年12月3日
鈴々舎馬るこ
鮑のし

(お仲入り)

やかん 江島屋凌太郎・山口大学落語研究会
企画コーナー 聞いて聞いて馬るこ師匠、教えて教えて馬るこ師匠
河豚鍋(ショートバージョン)
文七元結

《真打昇進披露・Kビジョン新春特別番組収録》

 

其の20
2017年11月4日
玉川奈々福
沢村豊子(曲師)
陸奥間違い

(お仲入り)

金魚夢幻

 

其の19
2017年8月5日 
旅成金in光
柳亭小痴楽 
瀧川鯉八 
神田松之丞
一つ目あがり 小痴楽
おちよさん 鯉八

(お仲入り)

扇の的 松之丞
佐々木政談 小痴楽

 

其の18
2017年4月23日 
柳家喬之助 
締め込み
茶の湯
品川心中

 

其の17
2016年12月3日 
三遊亭遊雀 
強情灸
風呂敷
御神酒徳利
 

其の16
2016年7月31日 
鈴々舎馬るこ 
小言幸兵衛

(お仲入り)

「企画コーナー 聞いて聞いて馬るこさん、教えて教えて馬るこさん」
粗忽長屋
《馬るこ真打ち昇進決定記念 ・Kビジョン特別番組収録 》

 

其の15
2016年4月10日 
笑福亭喬若 
七度狐
豊竹屋

(お仲入り)

初天神

 

其の14

2015年12月5日  
鈴々舎馬るこ・古今亭志ん八  
時そば 馬るこ
デメキン 志ん八

(お仲入り)

大喜利 
禁酒番屋 馬るこ
(5周年記念落語会 落語と大喜利
Kビジョン新春特別番組収録)  

 

其の13
2015年7月20日 
入船亭扇辰 
悋気の独楽
麻のれん
さじ加減

 

其の12

2015年3月  
柳亭左龍  
鰻屋
夢の酒 
妾馬 
《入船亭扇辰急病のため代演》

 

其の11
2014年11月16日  
笑福亭喬若  
ゲスト/内海英華  
道具屋 喬若
長短 喬若 
女道楽 英華
天狗裁き 喬若 

(おてらでらくご 如宝寺開山門応普公和尚350年諱法要記念お好み演芸会として開催)

 

其の十
2014年7月19日 
立川生志 
金明竹

(お仲入り)

紺屋高尾

 

其の九
2014年4月29日 
鈴々舎馬るこ 
鴻池の犬
平林

(お仲入り)

黄金餅
《NHK新人演芸大賞受賞記念》

 

其の八
2013年5月18日  
三遊亭歌武蔵・歌奴  
支度部屋外伝 歌武蔵
片棒 歌奴

(お仲入り)

子ほめ 歌奴
ぼやき酒屋 歌武蔵
《地域寄席コラボ「歌武蔵の夏巡業」》

 

其の七
2013年3月17日 
三遊亭遊雀 
熊の皮
蛙茶番
明烏

 

其の六
2012年9月30日
桂吉弥 
ちりとてちん

(お仲入り)

くっしゃみ講釈

 

其の五
2012年6月3日 
笑福亭たま 
動物園
時うどん

(お仲入り)

火焔太鼓
憧れの人間国宝

 

其の四
2011年11月23日 
鈴々舎馬るこ 
真田小僧
ちりとてちん
看板のピン

(お仲入り)

転失気
新牛ほめ

(お仲入り)

寿限無
阿武松
(Kビジョン新春特別番組収録) 

 

其の三
2011年7月23日 
柳家喬之助 
夏泥
青菜

(お仲入り)

子別れ

 

其の二
2011年2月11日 
立川生志 
初天神

(お仲入り)

井戸の茶碗

 

其の一
2010年7月3日 
鈴々舎馬るこ 
真田小僧
東北の宿

(お仲入り)
千両みかん

 

其の29立川生志独演会延期に伴い払い戻しいたします

3月15 日日曜日に開催予定でした光がんざき亭其の29立川生志独演会は、

開催を延期いたしました。


振替日は今のところ未定ですので、

払い戻しいたします。


お手元にチケットをお持ちの方は、

チケットに書いてある連絡先にご連絡くださいませ。

ショートメールでも受付ます。

ご連絡お待ちいたしております。

光がんざき亭其の29 延期のお知らせ

3/15開催を予定しております光がんざき亭其の29立川生志独演会は延期いたします。


70人限定のこじんまりした会場が私達の自慢。その空間でみっちり落語を楽しむのが私達の光がんざき亭です。


だから、この今の状況で、あの会場で安心してゆったりくつろいで落語を楽しむことができるのか?自分が客だったら延期がうれしい。


そう思うに至って、延期を決定しました。


現在、日程は調整中です。ご予約のお客様にはお知らせの葉書を郵送いたします。

チケットを購入されたお客様は、改めて払い戻しなどのご案内をします。詳しくは追ってお知らせいたします。ご了承ください。


この会場でまたみなさまをお迎えする日を楽しみに、世話人一同準備を進めてまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。ひとまずはみなさま、ご自愛ください。

光がんざき亭其の29ご案内申し上げます

 


 

いつもご贔屓にありがとうございます。おかげさまで2020年、光がんざき亭は10年目を迎えます。10年目記念企画第1弾!光がんざき亭其の29開催のご案内を申し上げます。

10年目記念の落語会、第1弾は立川生志師匠をお招きいたします。

 

光がんざき亭其の29 立川生志独演会

生志十八番『紺屋高尾』他

 

「 落語のあるまちっていいじゃないですか」

 

日時 2020年3月15日(日)14時開演(13時30分開場)
場所 Be st.催事場(アルク光店隣り)
木戸銭 一般3500円(自由席/椅子席)当日3800円
   学生1000円(前売・当日とも)
※ただし前売り完売の場合、当日券はございません

※チケット一般販売2月7日

 

チケット販売 虹の文具館(光駅前)・コーヒーボーイ光店(ビースト)

ぴあPコード:500422

 

主催 光がんざき亭
後援 Kビジョン(株)・瀬戸内タイムス・(株)新周南新聞社・光市教育委員会・公益財団法人光市文化振興財団

 

 

f:id:hikariganzakitei:20130531193018j:plain

 

 

今回お招きする立川生志師匠は4回目のご登場です。初めて光がんざき亭の高座に上がっていただいたのは2011年の事でした。

 

2010年末の突撃出演交渉をご快諾いただいて、

2011年2月其の2に初来演。

2014年7月其の10

2018年4月其の22

今回で4回目のご登場。

 

初来演いただいた2011年2月11日、

終演後「落語のあるまちっていいじゃないですか」とがんざき亭を応援してほしいと観客のみなさんに語られました。

世話人一同、熱く語られた師匠の言葉を心に留めて、回を重ねてきました。

そうして、10年。今年は記念のイベントとしていろいろ企画していきます。

 

第1弾の今回は、特別にネタ出し公演。

3月15日ですので、生志十八番の『紺屋高尾』を演じていただきます。

 

なぜゆえ3月15日だから『紺屋高尾』なのか。それは高尾の年季が明けるからでざます。

 

『紺屋高尾』は師匠にとっても光がんざき亭にとっても思い出の深い噺です。生志さんが談志師匠を初めて生で聴いたときの演目が『紺屋高尾』だったそうです。私が突撃交渉をした博多座で生志さんが演じられたのも、やはり高尾でした。博多座初野落語会であり、談志師匠との親子会で思い出の高尾です。

このときにご縁を頂戴して光がんざき亭へお待ちいたしております。

光がんざき亭では2014年7月の其の十で口演いただきました。

 

そして、旗揚げから10年の2020年、3月15日が日曜日!高尾ゆかりの3月15日を逃す手はない!と今回の高座をお願いいたしました。

 

昨年の独演会『ひとりブタばい」でも『紺屋高尾』を口演されました。久蔵と高尾太夫の気持ちに寄り添う新しい演出が加えられていました。師匠の進化は止まりません。進化とは深化であると実感できるのがこの一席です。味わい深さはセリフや情景描写の端々に。

 

博多座の公演も毎年恒例となっている生志師匠を限定70席の会場で、ぜいたくにたっぷりとお楽しみいただけます。

 

ところで、生志師匠といえば、まくらも楽しみです。何でもないような日常がおもしろかったりちょっと毒が効いていたり、会場の”桟敷”に置かれた脚立も覚えていらっしゃるかどうか??

 

今回どんなまくらが展開されることになるのやら…もちろん渾身のネタもどうぞお楽しみに!

何度目かの方も初めて方も、どうぞお聴き逃しなく!

 

 

f:id:hikariganzakitei:20200120125950j:plain

 

f:id:hikariganzakitei:20200120130009j:plain

 

チケットぴあでもチケット販売してます。

http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=2004862

 

お問い合わせはメールでも

hikariganzakitei@gmail.com

 

 


 

光がんざき亭其の28 入船亭扇辰独演会 お礼

光がんざき亭其の28 入船亭扇辰独演会にご来場いただき、ありがとうございます。

たっぷり冬の噺ご堪能いただけたようで、世話人一同本当にうれしく思っております。


師匠から今回は選挙事務所のような会場と言われちゃいました。

でもやりやすいちょうどいい大きさだとおほめいただきました。


反対に皆様の熱心な様子が師匠にもよーく伝わる大きさということでございます。


皆様の聴きたい!という熱意に応えるべく渾身の口演、珠玉の3席。

それがどれほど皆様の心に届いたのかは、終演後の拍手喝采が光がんざき亭史上一番の長さだったことからもわかります。


光がんざき亭9年目の納めの落語会がとっても素晴らしい会になりました。


師匠の優しさに惚れなおすひとときでもありました。

f:id:hikariganzakitei:20191220234855j:plain

今回は初めてがんざき亭にお越しになられた方も多かったようです。

師匠を間近にできる秘密結社のような空間を気にいってもらえたら…

とにもかくにも裏を返せて、よかったです

f:id:hikariganzakitei:20191220235020j:plain


今回の演目は

紫檀楼古木

死ぬなら今

  お仲入り

徂徠豆腐


冬の、しかも珍しい噺をたっぷり


アンケートにもお書きになっていらっしゃいましたが、

紫檀楼古木」はタイトルもしくはあらすじは知っているけど、聴いたことはないというお客様も少なからずいらっしゃいました。


まだまだ聴いたことのない噺、聴きたい噺、たくさんありますね。


またご一緒に楽しみましょう